2010年02月26日

1月のPC出荷は4割増の84万台 「ウィンドウズ7」効果(産経新聞)

 電子情報技術産業協会(JEITA)は24日、1月の国内パソコン出荷台数が前年同期比40・3%増の84万6千台だったと発表した。5カ月連続の増加で、米マイクロソフトが昨年10月に発売した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」の効果が続いた。

 個別製品では、デスクトップ型が28・9%増の25万9千台、ノート型が45・9%増の58万7千台だった。パソコン出荷全体に占めるノート型の割合は69・4%だった。JEITAでは、「個人向けは新製品の投入もあって新OS搭載機の販売が引き続き好調だ。法人向けも教育用パソコンの需要拡大による上積みがあった」と分析している。

 一方、出荷金額は19・7%増の783億円。デスクトップ型が12・8%増の261億円で、ノート型が23・5%増の522億円だった。

【関連記事】
体験!ウィンドウズ7 ライブラリーは評価二分
打倒iPhone 自慢のOSに託す MS、グーグル“宣戦”
スマートフォン向け新OS「セブン」を発表 米MS
パソコン国内市場 今年予測 「7」効果 出荷数4.2%増
パイオニア、電子黒板の新製品発売へ ウィンドウズ7に対応

<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)
普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏(時事通信)
<ブランド米>六本木ヒルズで「龍の瞳」栽培 岐阜・下呂市(毎日新聞)
「2」の“ぞろ目”記念押印 郵便局も列(産経新聞)
<児童福祉法>親権制限導入見据え、改正作業着手へ(毎日新聞)
posted by サワムラ カズトク at 10:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。